家づくりの善し悪しは、設計によってほぼ決まると言っても過言ではありません。もちろんどんなに良い設計でも施工力が低いと、とんでもない家が出来てしまいますので、この点は論外ですが……。
土地の形状等によって、間取りは大きく異なってきます。自分が思い描いた希望通りの住まいにするには、設計者と時間をかけてじっくり語り合うことが必須です。ここでは、管理者が長年にわたって設計してきた実物件を中心に、ローコストになると思われる間取りと外観イメージを掲載してあります。一つのたたき台にしたりして、失敗しない家づくりの一助にしていただければとても嬉しく思います。


◇ローコストの住宅についての所見

常々多くの方からご要望されていた『高品質で低価格の家』は私にとっては長年の課題の一つでした。
今回のローコスト住宅の図面集を掲載するに当たりまして、まずはローコスト住宅の現状についてお話させて頂きます。

巷では、様々なローコスト住宅と銘打った宣伝を目にしますが、一見 「安い!」 と思える坪単価でも、最終的な総建築費を見てみると、 「意外とコストがかかっている」 という話をよく耳にします。もちろん、住まい手がご納得の上で決断されたのでしたら、それそれで一つの選択肢だと思います。
ただ一方で、計画が進んで行き、最終的な段階で総建築費を知り、 「今更後に引けなくなり、半ば無理矢理契約してしまった・・・」  という話も耳にしたりします。
皆様には絶対にそのようなことになって欲しくないと思います。
そこで、今後のためにもなるかと思いますので、ここで大切なことを少しばかりお話しさせていただきます。

特にローコスト住宅等をご検討の場合は、予めきちんとかかる費用、つまり、総建築費(施主の要望追加が無い限り、一切の追加料金も発生しない最終価格)を念入りにご確認され、最終見積書を提出してもらうことを強くお奨めいたします。
見積書は、一式見積書だけの見積書は何の意味もありません。
一式見積書のサンプル
例えば、床板材が何㎡または何枚必要だから、㎡または枚当りの単価がいくらなので合計でこれだけになります。という形のように、材料の一つ一つが計上された、つまり明細見積書の提出を求めるべきだと思います。
明細見積書のサンプル

坪単価についても同様です。一口に 「坪単価」 といっても、その捉え方は様々です。
例えば一般的な工務店や大手のハウスメーカーでは、坪単価を算出する時に、既製のアルミベランダの面積までを含めた面積で総工事費を除している会社もありますが、その場合一見坪単価が安いように見えます。
既製のベランダは、どちらかというと設備品に該当しますので、ユニットバスと同じように設備費に計上したほうが理に叶ってる訳です。その方が実際には全体の工事費が安くなる場合もあります。
一方大工さんが造るベランダ(本体組み込み型ベランダ)は、上部に屋根をつけたりするケースなどもあり、一般的には坪数に含む場合が多いようです。
また、吹き抜けの場合も、確かに床はありませんが、壁や天井は仕上なければなりませんので、一般的には坪数に含みます。

そもそも坪単価ありきの考えはよくないと思います。
建物の仕様や形により価格は正直に変化します。これは当たり前のことですし、容易にご理解いただけるところだろうと思います。
問題は、建築する住宅に掛る全ての費用(消費税や登記料などは含みません)が、どれだけなのか、その結果、総坪数(この場合先ほどの吹き抜けなどが含まれます)で除した結果が、いくらになったっているかの検討が実はとても大事なのですね。

最近は天井に勾配を付けて空間を広く高く見せたり、ドーマー屋根にしたりするなど、多彩なデザインが数多くなってきました。これらの住宅を一律に坪単価で表示するのは誤った見方で注意が必要です。
どういうことかと言いますと、上記のような建物は当然費用がかさみますので、坪単価は高くなる傾向にあります。ですから、ローコスト住宅と銘打った住宅には殆どこのようなつくりにはしません。総工事費を安くするためには当然といえば当然な考え方ですので、納得いくところだろうと思います。

同仕様で同規模の住宅のコストが、階数を変えたり、モジュールを変えたりすることによって、どのように変化するのか、また、総2階矩形の建物と不整形2階の建物では、どのくらいのコスト差が出るのか、あるいはまた、同じ間取りの場合で、切妻と寄棟あるいは片流れはどの程度の価格差があるのか、天井を高くしたらどのくらい価格が上昇するのか等々、住宅のコストの本質を探るためには、いろいろな角度からシミュレーションを試み、これを詳細に分析し、データの言おうとしていることを的確に把握することが極めて大切なことです。

ところが、これらの価格分析を手作業で行うには、とても大変です。
そもそも、坪単価いくらの世界を作り出したのは、この面倒な作業が原因なような気がします。最近では素晴らしいコンピュータの出現で、これらの作業が、正確にしかも短時間で処理できるようになりました。
単に図面の作成だけにとどまらず、単価管理や発注管理をはじめ、耐震設計の例えば偏心率を図面と連動して自動出力出来るようになりました。
私は、このコンピュータを駆使し、全ての物件の一棟一棟であらゆるシミュレーションを実施して、住まい手が求める無駄のない最良な住宅を生み出す努力をいたしております。

参考までにコストシミュレーションについてのサイトを作ってありますので興味のある方は覗いて見て下さい。 こちらです。

よくよく考えてみますと、家を坪単価だけで論ずること自体に無理があると思います。これに変わる単価表示が求められるところです。
私は常に以下のデータをコンピュータで算出し、住まい手のご要望に一歩でも近づけるべく、無駄のない家づくりに取り組んでおります。
m3当り単価
坪単価や㎡単価は平面的単価表示ですが、このm3単価は、いわゆる立体的(建物空間・居住空間)単価表示です。
これには二つの考えがあります。
一つは、建物を一個の固まりとして捕らえ、床下から小屋裏、ポーチや屋根付きバルコニー等も含めたボリウムを基準にする考えです。
床の高さや屋根の勾配による天井裏の空間を、立体で捉えた数値を算出し合計しますので、極めて実態に則した単価だと思います。(建物空間単価)
この手法を使いますと、床高が低かったり、勾配の緩い屋根の家とそうじゃない家とのコスト比較がはっきりと出ます。
もう一つの考えは、単純に総工事金額を延施工面積×天井高で除した値とする考えです。
最近では、内部を勾配天井にしたり、天井を高くしたり、広い吹抜を設けたりと、平面的な単価だけで捕らえてしまうとコスト的に不都合な場合が、むしろ一般的になっております。この考えは、これらのリスクを解消し、実態に近い単価として捕らえることが出来ます。注目の単価です。(居住空間単価)

柱1本当り単価
総工事金額を延べ柱本数で除した値です。間取りによって、あるいは構造設計の仕方によって、微妙に単価が変化することがわかっています。ひとつのデータとしてご理解下さい。

間仕切m当単価
総工事金額を延べ間仕切り長さで除した値です。これも上記と同様のことが言えます。ひとつのデータとしてご理解下さい。
住まい手が、「あれ、2階の間仕切りを一部無くしたのに金額に変更ないの?」なんて疑問は本来あるべきではありませんね。
2階の間仕切りを一部無くしたしたら当然安くなる。当たり前のことだという意味ですよ。

ついつい前置きが長くなりましたが、以下がこのテーマの本論となります。

出来ることならよりハイグレードな住まいを誰しも望みます。しかし、家は欲しいが、あまり予算をかけられないと言う方もいらっしゃると思います。そこで、構造とかの基本的な部分とかコストについては他に譲ると致しまして、このサイトでは確実にローコストになる建物の平面形状と外観図を図面集としてまとめて見ましたのでご案内致します。

ついでながら少し付け加えておきます。
徹底的にコストを下げた住まいだからといって、安かろう悪かろうでは意味がありません。建物全体のレベルは、どなたでも納得のいく形になっていなければなりません。
またどんなに良い仕様を掲げても、施工の段階での施工精度や確かな施工力がなければ、これまた意味を成しません。このことが実は極めて重要なことで、これが欠落しますと厳密には高品質とはいえません。
見積については各地区地区により異なりますし、サイトのテーマから外れますのでここでは省略いたします。
興味のある方は、
こちらをご覧ください。

本論からは少しずれてしまいますが、
間取り作成のコツについて興味のある方はこちらをご覧ください。